Banner Banner Banner

不動産売却における仲介と買取の違い

住居や土地といった不動産は、住むために必要なモノというだけでなく、資産としてもとても重要なものです。一般の方は、その売買 というものは人生にそう何度も経験するものではないので、不動産売却についてよく知らない方が多いことでしょう。しかし、動くお金 の額が非常に大きいので、失敗することはできません。

まず、一口に不動産売却と言っても、その方法には「仲介」と「買取」という2通りの方法があります。この2つの方法にはそれぞれ異なるメリットがあります。

仲介とは、不動産売却の際、不動産屋が仲介業者として売主と買主の間を取り持つ方法です。仲介のメリットとしては、不動産を比較的高い値段で売却することができる、ということが挙げられます。ただしデメリットもあり、売却価格×3%+6万円という仲介手数料が余分にかかり、また買主がすぐに見つかるとは限らないので、すぐにはお金にならないのです。よって、仲介はじっくり待つ時間のゆとりがあり、できるだけ高く売りたい方に向いている売却方法だと言えるでしょう。

一方、不動産屋自身が買主となって売主から直接買う、という方法もあります。これが買取です。買取された不動産は、不動産屋によって転売されることになります。そのためか仲介よりも売却価格が安くなってしまう傾向にあるようです。しかし契約が成立すればすぐにお金が入るので、多少安くなっても良いから今すぐまとまったお金が欲しい、という方に向いています。

home building